ニュース報道の真偽 オンラインカジノは違法という説について

正確な情報を読み取りましょう 違法性

とある全国紙新聞社のオンラインカジノに対する記事を読みました。

海外オンラインカジノ、日本からアクセス急増 規制困難 - 日本経済新聞
インターネットを通じて実際に金銭を賭けるオンラインカジノに、日本からのアクセスが急増している。日本はギャンブルが原則禁止されており、オンラインカジノ利用も違法。だが新型コロナウイルス流行に伴う外出自粛を背景に、今年9月のアクセス数は3年前の100倍以上に増えた。海外事業者の摘発や規制は困難でガードの甘い日本市場が狙われ...

これを読んで不安になった方も多いかと思いますので、内容をよく考えて見たいと思います。

1. 「日本はギャンブルが原則禁止されており、オンラインカジノ利用も違法」について

日本国内でオンラインカジノを開催し運営すれば当然違法です。(刑法第185条および第186条)

でも海外で運営されているオンラインカジノを日本国内からインターネットで接続して利用することが賭博罪に当たるという判例は1件もありません。

【第一の説】

賭博罪は日本国内での賭場で行うことを想定したもので、海外のオンラインカジノを日本から利用することを想定していないという説があります。

海外のオンラインカジノの運営者を日本の法律で検挙することはできないのに、利用者だけを捕まえるというのは均衡性に欠けるという説です。

ただ、この説については正式裁判になったこともないし、裁判の判例もありません。

【第二の説】

もう一つの説は、海外のオンラインカジノであっても、プレイするのは日本にあるパソコンやスマホで行うのだから、日本で賭けを行っていることに違いない。

なので刑法185条(賭博罪)を適用できるという説です。

実際、ゲームをするとき、ゲーム名をクリックするとアプリがダウンロードされてゲームが始まります。

プログラムが日本のパソコンやスマホにダウンロードされるのだから、日本国内で賭けを行っているとも言えそうです。

この説もなるほどと思いますが、こちらも正式裁判になったこともないし、裁判の判例もありません。

今の時点で言えることは、海外で運営されているオンラインカジノを日本国内からインターネットで接続して利用することが賭博罪に当たるという判例が1件もないことです。

その根底には、刑法自体が明治40年に制定された法律で、当然インターネットもない時代ですから、オンラインカジノの出現は想定外だという現実があります。

想定外の事案に対して法律条文の適用をすることが妥当なのでしょうか。

違法としたければ、刑法を改正すれば済むわけです。でも、その動きは今の時点で国会にはありません。

違法か合法かが正式裁判で争われたことが一度もない。

今の時点で日本でプレイすることの違法性についてはだれも判断できないところです。

すでに令和2年(2020年)の国会でオンラインカジノのことが取り上げられています。

そのときの政府答弁を要約すると「インターネット利用を想定した現在の実態に合わせた新たな法律」及び「オンラインカジノの合法化」の意味するところが必ずしも明らかではないが、いずれにしても、現時点で、政府として、刑法(明治四十年法律第四十五号)第百八十五条の賭博罪等の規定を改正することは検討していない。というものです。

衆議院議員丸山穂高君提出オンラインカジノに関する質問に対する答弁書

つまり、今の時点では、国も司法当局も、海外のオンラインカジノの利用を違法とも合法とも判断していないし、刑法改正も考えていないということです。

2. 「海外事業者の取り締まりは非常に困難で、事実上野放し状態だ」について

海外で正式なライセンスを取得しているオンラインカジノは、当事国では合法的な運営を行っています。しかも刑法の賭博に関する条文は国内のみに限られるもので、海外の企業には規制が及びません。

なので、オンラインカジノに関しては海外の事業者を取り締まることは、「非常に困難」ではなく、そもそもできるはずがないのです。

「事実上野放し」という表現は、合法的な運営をしている企業に対して悪意が感じられます。

これはカジノに対する好き嫌いとは別の話です。

もっとも参考になる事例はスマートライブカジノ事件です

日本の刑法規定をもとに、海外のオンラインカジノ利用者を検挙したのは唯一、2016年のスマートライブカジノ事件だけです。

このとき逮捕された3人のうち2人は略式起訴を受け入れて罰金を支払いましたが、残る一人は納得がいかず正式裁判に持ち込もうとしたところ、検察が不起訴としました。

捜査機関が考え出したのが、『日本人女性のディーラーがゲームを提供し、日本語でコミュニケーションが取れ、開催時間が日本時間の夕方から深夜の設定になっていたことで、オンラインカジノの実態が国内において行われていると「評価できる」と判断した』という論法のようです。(当時の解説記事より)

オンラインカジノが日本国内で行われていない限り、利用者を逮捕できないことを知っているからこそ、このような論法を創り出したものと思われます。

この事件を検察側では不起訴にしたということは、この「海外運営のオンラインカジノでも胴元は国内にいる」という論法では正式裁判では通用しないと考えた結果だと判断します。

この考え方は、前述の「海外のオンラインカジノの運営者を日本の法律で検挙することはできないのに、利用者だけを捕まえるというのは均衡性に欠ける」という説になります。

この説が正しいのかどうかは正式裁判になっていないので分からないのが残念です。

オンラインカジノも含めてギャンブルを悪と決めつける人が存在するのも事実だし、そう考えるのは自由です。でも、ニュース情報は、深く正確に読み取る必要がありますね。

ギャンブル依存症という弊害もありますので、あくまでも娯楽の範囲で利用することも重要です。

当サイトの違法性に関する関連記事

スマートライブカジノについて

ベラジョンカジノの危険性について

ドリームカジノの例

オンラインカジノの違法性について

 

スポンサーリンク
200万人超の登録者がいるベラジョンにすぐにでも登録してみたい方は

⇒ ベラジョンカジノ公式サイト

ベラジョンカジノをもっと詳しく知りたい方は

⇒ 図解・特典付きの詳細ページ

ベラジョンカジノは安心の定番オンカジ
プレイヤー数No.1。入金不要ボーナス150回フリースピン。入金ボーナス最高1000ドル。出金賭け条件20倍。豊富な入出金。キュラソーライセンス

ベラジョン

ベラジョン以外の人気のカジノについて知りたい方は、このまま下にスクロール↓↓↓

おすすめオンラインカジノ一覧

遊雅堂 遊雅堂公式サイト
安心の定番オンカジ
日本円で入出金とプレイができる。ベラジョンの姉妹サイト。内容はほぼベラジョンと同じ。入金不要ボーナス3,000円。入金ボーナス最高95,000円。出金賭け条件20倍。キュラソーライセンス
ミスティーノ ミスティーノ公式サイト
安心の定番オンカジ
日本円で入出金とプレイができる。一定時間後の為替相場の上下を予測するバイナリーオプションが楽しめる。入金不要ボーナス10ドル。3回の入金ボーナスで最大総額1500ドル。出金賭け条件1倍~25倍。VIPプログラムあり。キュラソーライセンス
カジノシークレット カジノシークレット公式サイト
安心の定番オンカジ
キャンペーンが圧倒的多数。初回入金で勝てなかった場合は半額(最高500ドル)をキャッシュバック。ボーナスの出金賭け条件なし。キュラソーライセンス
エルドアカジノ エルドアカジノ
ハイローラーにおすすめの定番オンカジ

日本円で入出金とプレイができる。VIPプログラムあり。入出金額の上限なし。出金が平均5分と早い。入金不要ボーナス2000円。50%入金ボーナスなどが選択可。人気のバスタビット。カナダカナワキライセンス
ワンダーカジノ ワンダーカジノ
ハイローラーにおすすめの定番オンカジ

VIPプログラムあり。入金額の上限なし。出金が5分~1時間と早い。入金不要ボーナス30ドル。100%入金ボーナスなどが選択可。VIPから一般へは降格なし。キュラソーライセンス
インターカジノ インターカジノ
定番オンカジ

ベラジョンの姉妹サイト。キャンペーン多数。入金不要ボーナス30ドル。入金ボーナス最高500ドル。出金賭け条件30倍。キュラソーライセンス
カジ旅 カジ旅公式サイト
定番オンカジ

RPGもカジノも楽しめる。入金不要ボーナス40ドル。入金ボーナス4回最高500ドル。出金賭け条件20倍。キュラソーライセンス
ピナクル ピナクル公式サイト
アービトラージ可能なスポーツベット

すべての試合で業界最高レベルの高オッズ。多くのスポーツベットでは禁止行為となっているアービトラージをピナクルは容認。アービトラージ計算表という無料ツールまでサイトに用意されています。
スポーツベットアイオー スポーツベット・アイオー
定番スポーツベット

多彩な仮想通貨や円通貨による銀行送金などに対応しています。有名なビッグクラブとスポンサー契約をしており、初心者でも安心して遊べる規模のあるスポーツブックです。
クイーンカジノ クイーンカジノ
定番オンカジ
VIPプログラムあり。ライブカジノは200テーブル超。入金不要ボーナス30ドル。150%の初回入金ボーナス。入金ボーナスは3回まであり。出金賭け条件「40倍」。キュラソーライセンス
BONSカジノ ボンズカジノ
定番オンカジ
入金不要ボーナス10ドル。出金前に1度入金が必要。出金賭け条件1倍。キュラソーライセン
賭けっ子リンリン 賭けっ子リンリン公式サイト
前身は「10Bet Japan」
オンラインカジノとスポーツブック。ウェルカムボーナス最大222,220円。入金額の120%分、最大25,000円のボーナス。異種ウォレットでの決済が可能。キュラソーライセンス
ウィリアムヒルスポーツ ウィリアムヒルスポーツ公式サイト
世界トップクラスのブックメーカー
英国内に2370店舗。欧州サッカー、メジャーリーグ、NBA、アメリカンフットボール、ゴルフから競馬、UFC(総合格闘技)、政治(選挙)まで。初回入金後20ドル~100ドルのベットを行うとベット額に対し100%のフリーベットが4度に分けてもらえる。MGAライセンス

 

違法性
spaceladyをフォローする
ベラジョンカジノの遊び方

コメント

タイトルとURLをコピーしました