スマホで出来る『ベラジョンカジノ』アカウント登録はこちらから

ベラジョンカジノ ルーレット 攻略法

ルーレットは、回転する円盤に球を投げ入れ、球が落ちる数字を当てるゲームです。歴史は古く、19世紀のフランスで現在に形になったもので、「カジノの女王」と呼ばれるほどポピュラーなゲームです。

ベラジョンカジノでは、ビデオゲーム形式のルーレットやライブ形式でディーラーがいるルーレットの2種類があり、それぞれ豊富なゲームがそろっています。

初心者がプレーしやすいのは一人で遊べるビデオゲームの方です。でも、ディーラーがいるライブゲームは臨場感があってとても面白いので、賭けなくてもいいので見るだけでも見て楽しんでみてください。

ルーレットのルール

大きく分けてヨーロピアンスタイルとアメリカンスタイルがあります。

ヨーロピアンスタイルは、1から36までの数字と0があり、アメリカンスタイルは、1から36までの数字と0と00のポジションがあります。

ビデオゲームの方は、自分で賭け金を設定し、ポジションにベットし、スピンボタンを押すだけです。あとは自動でゲームが進行します。

勝てば配当金が入りますし、負ければベットした分が減ります。

ライブ形式の場合は次のようになります。

ディーラーのベット(賭け)の開始の合図でプレイヤーは各々のベットを行います。
ディーラーはホイールを回転させ、回転方向と逆にボールを投げ入れる。
プレイヤーは追加でベットを行うか、ベットの変更を行う。
一定時間が経過しボールが回転している間にベットの終了の合図がある。
ボールがポケットに落ちた場所をディーラーが宣言する。
ディーラーが外れたチップを回収し、的中したベットに対して配当を行う。

簡単に書くとこんな感じです。

賭け方は様々な方法があります。

インサイドベット(数字の部分に賭ける)

1目賭け – 特定の数字の1つに賭ける(配当は36倍)
2目賭け – 隣り合った数字2つに賭ける(配当は18倍)
3目賭け – 横一列の数字3つに賭ける(配当は12倍)
4目賭け – 十字の4方向にある数字4つに賭ける(配当は9倍)
5目賭け – 横2列の数字5つ(0、00、1、2、3)に賭ける(配当は7倍)
これは、唯一プレイヤーに不利な賭け方であるとして、この賭け方を認めていないハウスも多い。
6目賭け – 横2列の数字6つに賭ける(配当は6倍)

次の画像はヨーロピアンスタイルで黄色のラインがインサイドベットの位置です。黄色の〇は4目賭け、青の〇は6目賭けの様子です。

アウトサイドベット(数字以外のところに賭ける)

縦一列 – 縦1列の数字12個に賭ける(配当は3倍)
大中小 – 1~12、13~24、25~36のどれかに賭ける(配当は3倍)
前半・後半 – 1~18、19~36のどちらかに賭ける(配当は2倍)
奇数・偶数 – 奇数か偶数のどちらかに賭ける(0と00を除く)(配当は2倍)
赤・黒 – 赤色の数字か黒色の数字のどちらかに賭ける(配当は2倍)

次の画像はヨーロピアンスタイルで、黄色の枠の中がアウトサイドベットの位置です。

ベットするときは、すべての数字にチップを置いたり、赤と黒の両方にチップを置いたりすると禁止行為に抵触しますので注意してください。

⇒ ルーレットの禁止行為の記事

ルーレット攻略法

控除率(カジノ側の取り分)は、アメリカンスタイルが5.3%、ヨーロピアンスタイルが 2.7%とされ、ヨーロピアンの方がプレイヤーには有利です。

プレイスタイルとしては、オッズ(倍率)が低いが当たりやすいベットを多額で狙う方法、賭けずに履歴を確認しチャンスと思った所で勝負する方法、通りすがりに一枚賭けで大勝負する方法などがあります。

やってみると分かりますが、ゼロはかなりの確率で出ます。1ラウンドで2回続けて出たり、合計3回出たことがあります。

勝つのが目的なら、闇雲に適当に賭けていても勝てません。あなた自身にあったベッティングシステムを探しましょう。

マーチンゲール法、ダランベール法などのベッティングシステムが有名です。お金を出して買う必要はありません。ネットでいくらでも記事は見つかりますし、このサイトでもご紹介しています。

次のようなベッティングシステムは、必ず無料版のゲームで試してから、実際に賭けるゲームで使ってみてください。

無料版では調子よく勝てても、実際のゲームではなかなか勝てないこともあります。最初は、少ない賭け金で安全を優先してお試しください。

マーチンゲール法とは

最も古典的で有名な手法で倍賭け法とも言われる。倍率2倍のゲームに使用します。

まず1単位賭け、負ければその倍の2単位、さらに負ければそのさらに倍の4単位と賭けていき、一度でも勝てばただちに1単位に戻すという手法。

試行回数に関係なく、勝った時には、それまでの損失をすべて取り戻した上に1単位の利益を得る。しかし負ける時は大敗する。

負けが連続すると、倍、倍と賭けていくので手持ちの残高がなくなるか、余裕がある方でもテーブルリミットに達してしまいます。

メリットがあまりないので、おすすめはしません。やってみたい方は無料版で試してみてください。

3倍マーチンゲール法とは

マーチンゲール法の応用で、まず1単位賭け、負ければその3倍の3単位、さらに負ければそのさらに3倍の9単位と賭けていき、一度でも勝てばただちに1単位に戻すという手法。

これも倍率2倍のゲームに使用します。

マーチンゲール法と違って、連敗後に勝てば、それまでの損失を全て取り戻すところまでは同じですが、利益がマーチンゲール法より大きくなります。

概算ですが、連敗後に勝った場合は、最後に賭けた金額の半分以上が利益になります。

ただ、負ければ賭け金は3倍に膨らむのでマーチンゲール法より危険度は高いのですが、連敗が続いてそろそろ勝ちが出るような場面で限定的に使用する分には利益が得られるので利用する価値はあります。

これも無料版で試してみてください。

ダランベール法とは

近年はこの手法とそのバリエーションに人気があるようです。倍率2倍のゲームに使用します。

勝った場合は賭け金を1単位減らし、負けた場合には賭け金を1単位だけ増やす方法で、一度の勝ちで全ての負けを取り返すことはできないが、負け続けてもチップの減りは緩やかになるのが特徴です。

利益を目的とせず長く楽しむためならありかも。それぞれの逆の賭け方をする手法も存在し、バリエーションもあるようです。

ココモ法とは

ココモ法は倍率3倍のゲームに使用するベッティングシステムです。ルーレットのダズンベットやカラムベットで使用すると有効です。

賭け方

1.最初の賭け金を決める
2.2回続けて負けたら3回目の賭け金は「前回賭け金+前々回賭け金」とする
3.その後も連敗が続けば、前回の賭け金+前々回の賭け金で賭けていく
4.勝ったら次は最初の賭け金に戻す

メリットは、連敗が続いても次に勝てば今までの損失をすべて取り戻した上に利益が出ること。勝ってやめれば利益がでますから高い確率で連勝が可能です。

デメリットは、連敗が続くと次第に賭け金が増え、おおむね10連敗以降は急激に賭け金が高くなるので手持ち資金やテーブルリミットに注意が必要なことです。

私は1回のラウンドで最高で12連敗したことがあります。でも勝って降りたので利益が出ました。かなりの高確率で勝てるので、ココモ法はおすすめです。

ベットシステムは、いきなり賭けないで無料版やお金を賭けないモードで試してみるとよく分かると思います。

アカウント登録するだけで30ドルのボーナスがもらえます。
⇒ ベラジョンカジノ新規登録