スマホで出来る『ベラジョンカジノ』アカウント登録はこちらから

ベラジョンカジノ 勝てない 戦略を持ってみては

ベラジョンカジノばかりでなく、一般的なオンラインカジノに共通することです。

「ベラジョンカジノで勝てない」のは、多くの方にとって普通です。というとガッカリするかもしれませんが、逆に言うと少数の方は勝てるとなります。

統計にはいろいろなものがありますが、大雑把にまとめると次のような具合になります。

100万円以上勝った 2%
10万円~100万円勝った 12%
1万円~10万円勝った 11%
プラスマイナスゼロ 12%
1万円~10万円負けた 24%
10万円~100万円負けた 38%
100万円以上負けた 1%

中でも10万円~30万円負けた人が30%以上います。

勝った人:25%
負けた人:63%

負けた人のほうが圧倒的に多いです。負けた人が賭けた殆どの賭け金は、大きく勝ったごく少数の人に回っていきます。

勝ち続けることはないのがギャンブル

カジノにしてもその他のギャンブルにしても、勝ち続けることは100%ありません。勝ったり負けたりしながら、ある期間では利益が出て、またある期間では損失が出てというのが普通です。

運が良ければ、始めて間もない人がわずか数回のプレイで数百万円から数千万円が当たることも、ごくまれにあります。

でも確率にすれば、上記の2%の中のさらにわずかな人です。

多くの方は、上記の「1万円~100万円負けた」に入ります。

ペイアウト率

よく見る指南の方法として、RTP(ペイアウト率)のいいゲームを使いましょうというのがあります。

ペイアウト率とは、プレイヤーが賭けた総額のうち、何%がプレイヤーに還元されるかという数字です。ベラジョンカジノでは平均96%と言われています。

この本来の意味は、100ドル賭けたら平均4ドル減って96ドルが手元に残りますという意味です。なのでプレイすればするほど残高は減っていきます。

多くの方は残高が減って、少数の方は増える。でも次の日は、負けた方が勝ち、勝った方が負けるというふうに、平均すればプレイヤーの残高は減っていきます。

ペイアウト率が100%を超えるゲームでない限り、ペイアウト率のいいゲームを使ったところで、残高が減るのは必至です。

ベッティングシステムを使うと期待値は上がる

やみくもに賭けるより、テーブルゲームならベッティングシステムをうまく使うと、勝つ確率(期待値)は確実に上がります。

実際、私はベッティングシステムを使って、60ドルの元手を150ドルまでに増やしました。

でも、元手に上限がある限り必勝ではないので、負けるときは負けます。

もしもゲームで運良く大勝したときは、そこでゲームを止めて、利益を確定しましょう。そしてできるだけ早くキャッシュを出金してしまいましょう。

2匹目のどじょうを狙うと間違いなくやられます。おそらくそのようなシステムになっています。

損失を最小限度に抑える工夫

ベッティングシステムを使うと、高確率で勝てるのは事実です。

そのまま調子に乗って続けると、ある日大きく負ける日が必ずやってきます。

どうもそういうシステムづくりになっているようです。これは、「乱数発生器でゲームが展開しているから不正は出来ない」というのとは別の話です。

だって、みんなが勝ち続けたら運営が成り立たなくなってしまいますから。

これを回避するには、一定の金額が貯まったら、最初の資金を残して残額は出金してしまうこと。そして、また小額からコツコツと始めることです。

ベッティングシステムは、一定回数負け続けると、賭け金が急激に大きくなって行きます。でも、勝てば全部を回収できるので、つい賭け続けたくなります。

ここが分岐点です。

負け続けて賭け金が一定額を超えたら、あっさりと降りて負けが小さいうちにゲームをやめることが大事です。

そうすることで、次にまたゲームが始められますから。もしも残高が1ドルとか2ドルになってしまったら、ベッティングシステム自体が出来ませんよね。

勝ち残る工夫

100ドルから1000ドルの手持ちで始める方も、1万ドル以上つぎ込むハイローラーの方も、勝つためには「勝ち残る工夫」が必要だと思います。

負けそうなときは損失を最小に抑える工夫をしてはいかがでしょうか。

損失を最小に抑えてやめるってどの時点か

次のような例はいかがでしょうか。
あくまでも例です。
残高が200ドルでルーレットを開始したとします。
ココモ法を使用します。

ゲーム回数 賭け金 勝ち負け 残高
1 1ドル × 199ドル
2 1ドル × 198ドル
3 2ドル × 196ドル
4 3ドル × 193ドル
5 5ドル × 188ドル
6 8ドル × 180ドル
7 13ドル × 167ドル
8 21ドル × 146ドル
9 33ドル × 113ドル
10 54ドル × 59ドル
11 87ドル 残高不足

一つの目安として

◆ やめるのは9回目が外れて9連敗になった時点です。

ここならまだ資金が半分残っていますから、単位を0.1ドルに落とせばまだやれます。

ところが、「次で勝てば損失を取り戻して利益が出る」という欲が出ると、10回目も負けると残高が59ドルしか残りません。

11回目が賭けられないので、10回目をやる意味はなかったことになります。

ベッティングシステムでも連敗することは普通にあることを知っておいてください。

6連敗なんて普通にあります。

でも勝つときは7回目か8回目で勝ちますから、勝って止めれば利益が出ます。

ところが10連敗以上はわずかですが実際にあります。このときは、連敗を重ねるほど勝てなくなります。何かの力が作用しているのかもしれません。

なので残高が十分に残っているうちに止めたほうがいいのです。

いままで書いてきたことをまとめると次のようになります。

賭ける額や配当金の大きさこそ違っても、次の方法で勝ち残る工夫をしてみませんか。

1.ベッティングシステムで高確率で勝つこと。

2.勝ってゲームを降りれば残高は増えること。

3.一定額がたまったら出金して利益を確定すること。

4.負けるときは損失を最小に抑えてやめること。

私が23連勝後に負けたことを教訓にした工夫です。あなたに合った工夫をしてみてください。

そうすれば、何もしないよりは「勝ち組」に残れるはずです。

アカウント登録するだけで入金不要ボーナスが30ドルもらえるベラジョンカジノはこちらからです。

無料登録

⇒ ベラジョンカジノアカウント登録

※新規登録する方は30ドルの入金不要ボーナス&初回入金で最大500ドルのボーナスがもらえます。

無料アカウント登録はこちらから↓ ↓ ↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする