スマホで出来る『ベラジョンカジノ』アカウント登録はこちらから

ベラジョンカジノで投資の可能性

ベラジョンカジノはギャンブルなので、株やFXよりは投資としての性格は非常に弱いです。宝くじよりは当たる確率が高いと考えればいいと思います。

ただ、ゲームによっては非常に高い勝率を上げることも可能です。

100ドル(約10,900円)以下の手持ち資金で、毎日数ドル前後の利益を上げることは、実際、可能なのです。

私のことで恐縮ですが、60ドルの手持ちキャッシュを1カ月で115ドルまで増やしました。現在も連勝し継続中です。

私の場合は少ないキャッシュをどこまで増やせるかに挑戦中で、賭け金も最少の0.1ドルで賭けていますので、利益が1回のゲームで2ドルとか3ドルと少額なのです。

なので、1000ドル程度のキャッシュ残高がある方は、0.5ドルとか1ドルで開始すれば10ドルから20ドル程度は1回のゲームで増やせると思います。所要時間は約15分ほどです。

これは極力リスクを排したやり方なので、リスクをとるのならもっと1回あたりの賭け金を増やして利益を狙うことも可能です。

ハイリスク・ハイリターン

ハイリスク・ハイリターンなら、テーブルゲームの賭け金を上げていけば、当たれば数十倍になって返ってきます。1000ドル賭けて3万ドルになるとか。

でも、これは投資とは呼べないですよね。負ける確率のほうが圧倒的に大きい方法なので。

ミドルリスク・ローリターン

手堅く稼ぐなら、テーブルゲームでベッティングシステムを使う方法しか考えられません。システムと言っても手元のメモでできるので、それほど難しいものではありません。

ミドルリスクなのは、勝率は高いけれど常に負ける危険性があるためです。負ければ手持ちのキャッシュを失うことにもなりかねません。

それを承知の上で、負けを回避できるように手持ちキャッシュと賭け金を考えた上で、勝ってゲームをおりる方法(いわゆる勝ち逃げ)を実践することで稼げる可能性が高まります。

投資としてのオンラインカジノ

投資について語るなら、今の時点での優先順位は次のようになると思います。

1.投資のベースは、暗号資産(ビットコインに限る)が一番良いと思います。一番のメリットはローリスク・ハイリターンが期待できることろです。ビットコインの信頼性は高いですし、換金も容易です。

手持ち資金が少ない方は、毎月1万円でビットコインを買い続ける方法(ドルコスト平均法)で増やしていくことができます。

2.手堅く行くのならNISAによる投資信託も良い選択肢です。5年間は非課税なので人気ですね。金融機関で口座を作れます。ゆうちょ銀行でもできます。

3.株式やFX投資は、ややリスクが高いけれど稼げるときは稼げますね。ただし年中いつでも稼げるわけではありません。2020年のような日経平均が18,000円台から26,000円まで急上昇したタイミングで投資すると大きく稼げます。

株式の信用取引はハイリスクなので避けたほうが良いと思います。FXは最初からレバレッジがかけられるので、こちらのほうが良いと思います。

4.オンラインカジノでコツコツ稼ぐ。不動産投資などの一般庶民には敷居が高い投資を除くと、このあたりにオンラインカジノが来てもいいかと思います。ミドルリスク・ローリターンが基本戦略なので、大きくは稼げませんが、楽しみながらコツコツと稼ぐのも良いものです。

ただ、必勝法というものはありません。その理由は、手持ちキャッシュの限界と、テーブルリミット(賭け金の上限)があるためです。これらが仮になければ、必勝法と言えますけど。。。

カジノで稼ぐためのベッティングシステムは、昔からいろいろ考案されてきました。マーチンゲール法などの名前はご存じの方も多いでしょう。

ただ、高確率で勝てて、利益も多少は得られるベッティングシステムは、今のところココモ法しか知りません。

ココモ法によるテーブルゲームの実践結果は、このサイトにたくさん載せてありますから、ぜひ御覧になってください。

ココモ法の記事一覧は ⇒ こちらから

ベラジョンカジノは無料版でゲームを試すことができ、ベッティングシステムでの勝ち方の検証もできるのでとても重宝しています。

こちらから公式サイトをご覧ください。登録しなくても無料でゲームをすることができます、(一部のライブゲームはできません。)

⇒ ベラジョン公式サイトはこちらから