スマホで出来る『ベラジョンカジノ』アカウント登録はこちらから

ベラジョンカジノ 無料版ルーレットでマーチンゲール法を試してみたら

マーチンゲール法は、倍率2倍のベッティングシステムでは最もオーソドックスな方法です。

負ければ賭け金を2倍にしていき、勝てば最初の賭金に戻す賭け方です。

デメリットは、連敗すると2倍×2倍×2倍と賭け金が加速度的に増えていくので、手持ち資金に余裕がないと、1ドルから始めて10連敗すると11回目には賭け金が1024ドルにもなってしまい、資金不足だとそこで敗退が決まります。

倍率2倍のゲームは、ルーレットの赤・黒、奇数・偶数のように勝率が50%のゲームで、バカラなどもそうです。

勝率が50%なので、意外と勝てそうな気もするのですが、無料版でシミュレーションしてみました。シミュレーションなので賭け金は1ドルスタートです。

手持ちキャッシュは5,000ドル

ゲーム回数 賭け金 勝負 損益 累計損益 手持ち金額
1 1.0 +1.0 +1.0 5001
2 1.0 × -1.0 0 5000
3 2.0 +2.0 +2.0 5002
4 1.0 × -1.0 +1.0 5001
5 2.0 +2.0 +3.0 5003
6 1.0 × -1.0 +2.0 5002
7 2.0 +2.0 +4.0 5004
8 1.0 × -1.0 +3.0 5003
9 1.0 +1.0 +4.0 5004
10 1.0 +1.0 +5.0 5005
11 1.0 +1.0 +6.0 5006
12 1.0 × -1.0 +5.0 5005
13 2.0 × -2.0 +3.0 5003
14 4.0 × -4.0 -1.0 4999
15 8.0 × -8.0 -9.0 4991
16 16.0 × -16.0 -25.0 4975
17 32.0 × -32.0 -57.0 4943
18 64.0 +64 +7.0 5007

マーチンゲール法やココモ法は、1回の勝ちでそれまでの負けを全部取り戻せるので、勝って終了するのがコツです。上記のプレイは18回で勝って終了しました。

マーチンゲール法

マーチンゲール法は、勝つたびに1単位ずつ利益が増えていきますが、一旦連敗モードに入ると賭け金が急増するのが分かりますね。

勝率50%のゲームでも、6連敗や10連敗は普通にあります。

同じ場所に賭け続けると、ずっと当たりが来ないこともよくあります。

なので、ベットする場所が赤・黒や奇数・偶数のように複数あるときは、連敗モードに入ったらベット位置を適宜に変えることがコツです。

7連敗は免れましたが、連敗前の残高5006ドルと連敗を止めた時点の残高5007ドルを比べると、わずか1ドル(最初の賭金)しか増えていません。

あれだけの金額を賭けても、利益は最初に賭けた額と同額(1単位)だけなのです。

上記の例では、7連敗すると8回目の賭金は128ドル、8連敗すると9回目の賭け金は256ドル、9連敗すると10回目の賭け金は512ドルにもなります。

これに持ちこたえられるだけの資金力があれば、勝って終了することで、賭け金は1単位だけ増えて終了できます。1単位とは、最初の賭金です。

もちろん、ゲームとしては勝つたびに1単位ずつ利益が増えていきますが。

上記のゲームでは最初の5000ドルが、終了時に5007ドルに増えましたが、スタート時の賭け金1ドルに対しては7倍になったに過ぎません。負ければ大敗します。

効率としてはあまり良いとは言えないように思います。

ベッティングシステムは、公式サイトで試してみてください。ログインしなければゲームは無料で遊べます。

⇒ ベラジョン公式サイトはこちらです