スマホで出来る『ベラジョンカジノ』アカウント登録はこちらから

ベラジョンカジノ 攻略 ココモ法を使う理由

ココモ法は、このサイトでも何度もご紹介しているベッティング手法です。

毎回書きますが、ココモ法は、倍率3倍のゲームで使用する攻略法です。

賭け方

1.最初の賭け金を決める
2.2回続けて負けたら3回目の賭け金は「前回賭け金+前々回賭け金」とする
3.その後も連敗が続けば、前回の賭け金+前々回の賭け金で賭けていく
4.勝ったら次は最初の賭け金に戻す

簡単なのですが、正確に記録をとっておかないと必ず分からなくなってしまいますから、ご注意ください。

有名なベッティングシステムには、ココモ法のほかにマーチンゲール法、ダランベール法、モンテカルロ法などがあります。

それぞれメリットもデメリットもあります。

手法 メリット デメリット
マーチンゲール法 1度の勝ちでそれまでの負けを全部取り返すことができる。 負けたら倍々で賭け金を増やすので負けが続くと天文学的な数字になる。
勝てば負けた分を取り返せても利益は1単位だけ。
3倍マーチンゲール法 1度の勝ちでそれまでの負けを全部取り返すことができるうえに、最後の賭け金の半分ほどの利益が出る。
連敗脱出のタイミングで使用すると面白い。
賭け金はマーチンゲール法より大きくなる。
ダランベール法 負けたら賭け金を1単位だけ増やすので、負けが続いても負担は軽い。 1度の勝ちではそれまでの負けた分を取り戻すことができない。
モンテカルロ法 賭け金の計算は特殊な方法でするので、負けが続いても負担は軽い。 1度の勝ちではそれまでの負けた分を取り戻すことができない。
ココモ法 2回続けて負けたら、前回と前々回の賭け金を足した金額を賭けるため、マーチンゲール法よりは負担は少ない。
1度の勝ちでそれまでの負けを全部取り返すことができるうえに利益が出る。
負けが続くとマーチンゲール法よりは負担が軽いものの、大きな手持ちキャッシュが必要になる。

利益を出すことを前提にするなら、1度の勝ちでそれまでの負けを全部取り戻すことができない手法は、私としとては除外したいです。

(※ 回数をこなすことを目的にするならありです。)

マーチンゲール法は、負けたら賭け金を倍々にしていく手法ですが、最初に1ドルから始めても連敗すると次のようになってしまいます。

1⇒2⇒4⇒8⇒16⇒32⇒64⇒128⇒256⇒512⇒1024⇒2048・・・

8連敗目には100ドルを超え、11連敗目には1000ドルを超えます。15連敗目には1万ドルを超えてしまいます。

テーブルゲームには賭け金の上限(テーブルリミット)があって、1000ドルから3000ドルが一般的で、高いものでも5000ドルから1万ドルです。

いくらハイローラーの方でも、手持ち資金が豊富にあっても、テーブルリミットを超えることができなければそこで負けが決まります。

上限が5000ドルなら13回目までが限度だし、上限が1万ドルなら14回目までが限度です。

賭け方によっては、私は12連敗したことがあります。10連敗なんて普通にあるでしょう。

なので、ハイリスクな割には、勝ってもそれまでの損失を取り戻すだけでほとんど利益が出ないという、ハイリスク・ローリターンは避けたいと思います。

3倍マーチンゲール法は、連敗中にそろそろ当たりが来るだろうというタイミングで使うと、勝ったときに利益が1単位以上に大きくなるので面白いかも知れません。

安全策でいうと消去法で残ったのがココモ法です。

ココモ法をおすすめする理由

賭け事は、何らかのベッティング法を使うほうが勝率は高くなります。適当にやって勝ち続けることはできません。運のいい勝利はあったとしても、そう何度もあるものではないでしょう。

となれば、今の時点ではココモ法を採用するのが妥当だと思います。バリエーションがあるかもしれませんし、もっといい方法があれば、また書いていきます。

ココモ法のメリット

1.比較的少ない手持ち資金で始めることができます。

私の事例で、ルーレットのダズンベットで0.1ドルから始めて、実に12連敗し、0.1ドルからスタートしたにもかかわらず、13回目の賭け金は、23.3ドルにもなりました。

この時点でキャッシュがなくなり、ボーナスを使い始めたため、ベラジョンではボーナスによるテーブルゲームの賭け金は25ドルが上限なので、ここで負けたらアウトでした。

運よく13回目に勝つことができたので、それまでの負けた分を全部取り戻した上に、9ドルのプラスになりました。0.1ドルの開始で9ドルの利益はとても大きいです。

もし負け続ければ17回目で100ドルを超えます。100ドルを超えたら増加は速いです。ですが、マーチンゲール法なら連敗11回目で100ドルを超えますから、ココモ法はまだましですね。

比較的少ない手持ち資金とは言っても、15連敗程度まではあると予測して、最初の賭け金が0.1ドルであっても、少なくとも200ドルほどはキャッシュで持っていたいと思います。

最初の賭け金が1ドルならボーナスを含めないキャッシュで2000ドルは持っておきたいです。キャッシュなら25ドルという賭け金の上限はありませんから。

2.1回の勝ちでも利益が出る

1回勝てば賭け金の2倍の配当が出るので、コツコツとためることができます。そのうえ、連敗後の利益はもっと大きいのです。

3.連敗するほど利益は大きくなる

連敗中の累計損失より、勝った時のリターンの方が大きく、これは連敗が多いほどその後に買ったときの利益が大きくなるのが特徴です。ただ、10連敗はきついですけどね。

この様子は次のページで詳細を見ることができます。

⇒ベラジョンカジノ 攻略 ココモ法検証 連敗後の勝利

ココモ法のデメリット

1.ココモ法は倍率3倍のゲームでしか使えない

倍率2倍のルーレットの赤・黒、バカラ、ブラックジャックといった人気のゲームでは使えません。ココモ法のリターンの大きさは倍率3倍のゲームならではです。

2.連敗する確率は比較的高い

倍率2倍なら勝つか負けるかは50%ずつですが、倍率3倍となると勝つ確率は33%と低くなります。3回のうち2回は負けるわけですから、負ける方に賭けてしまう確率の方がずっと高くなります。

ここで一工夫します。

ルーレットのダズンは、「1st-12」、「2nd-12」、「3rd-12」の3カ所ありますし、カラムは「2 to 1」が3カ所あります。

同じところに賭け続けると、なぜかそれを避けるようにゲームが動きます。

なので、前回出たところに賭けるなど、その時々でベット位置を変えると、勝利しやすくなります。これは実際に起きていることなので、ゲームの裏をかくようなことなのかもしれません。

3.連敗中の賭け金の上限に注意

ボーナスで賭ける場合は、テーブルゲームの賭け金の上限は25ドルです。キャッシュなら上限はありません。

賭け金1ドルで始めると、9連敗目で賭け金が25ドルを超えてしまいます。これを超えてもゲームはできるかもしれませんが、禁止事項に抵触するため、その後の出金の際に資金を凍結される恐れがありますから、これは厳密に守りたいですね。

ココモ法で勝ち抜けるためには

連敗後の勝利の時点でゲームを終了することが大事です。私は、長くても20回目までにはやめるつもりでゲームをしています。

一番いいのは15回目ぐらいで勝ってやめるようなパターンではないかと思います。15回目ぐらいで勝って、欲が出て続けて20回目で5連敗してやめるというのはもったいないですね。

ある程度の自分なりの目標値を決めておいて、その時点でゲーム終了というようにするのがコツだと思います。利益を出して終了すること。これにつきます。

ちょっとココモ法から離れますが、数あるルーレットの投資戦略の中でも特に評判のカジノ必勝法と言われる2カラム・2ダズン法は、リスクがあまりなく勝率も良いというので、ちょっと調べてみようと思います。

入金不要ボーナス30ドルで遊べるベラジョンカジノは、初心者の方でも遊びやすいオンラインカジノだと思います。

アカウント登録はこちらからどうぞ。

⇒ ベラジョン公式サイトはこちらから

※新規登録の方は、30ドルの入金不要ボーナス&初回入金で最大500ドルのボーナスがもらえます。

無料アカウント登録はこちらから↓ ↓ ↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする